白衣の天使の看護師の求人状況

若い時代に入院経験にある自分にとって、看護師さんは白衣の天使のような存在であり、やさしくて白衣に身を包んだ姿は、結婚するならこんな女性と思わせるほどの強烈な印象がありました。その後見た目以上に厳しい看護師さんの仕事が分かるにつけ、若いころに持ったイメージは忍耐強く思いやりのある女性のイメージに変って来ていますが、憧れの女性像に変化はありません。看護師さんの働く職場は病院だけでなく高齢化社会が進む中。看護業界においても求人ニーズが高く、人材確保に力を入れています。


<労働環境は甘くない>

病院に限らず看護業界においても看護する側の職場環境はかなりきつい仕事が待っており、転職や仕事を辞める人も多いだけに辛抱強く思いやりの精神を持つ看護師さんへの求人は、どの業界においても垂涎のまとです。看護の仕事はきつい仕事である一方、人の役に立っている事を実感できる職場なので、やりがいのある充実した日々を過ごすことができるのも大きな特徴です。


<職場にも色々あります>

看護師の求人が多い業界には、病院、特別養護老人ホーム診療所・クリニック、デイサービス、訪問介護センターなどそのニーズは非常に多く、自分の性格や思い入れのある場所で働くことが一番です。

≪リンク≫
おすすめの医療センター求人情報・・・北播磨総合医療センター 求人

看護師の求人状況

慢性的な看護師不足が続いている中で、需要はさらに増えていくといわれているのが看護師の求人状況です。出産・子育てをきっかけにいったん離職した後でも復職しやすい売り手市場ですので、転職先は慎重に検討したいですね。

大規模病院の求人状況

2006年の診療報酬改定により実施された「7対1入院基本料」によりベッド数を多く持つ規模の大きな病院にとって、看護師の確保は大きな課題となっています。基準に満たさないと病院の経営に大きく支障がでるため、大規模病院では常時、求人を行っている状況です。4月は求人募集が特に多く、新卒募集だけではなく転職採用もかなり多くでます。ボーナス支給後に離職するというケースが多いため、ボーナス後に人手不足に陥るというのが現状のようです。

中小規模の病院の求人状況

中小規模の病院にとって「7対1入院基本料」による影響は大規模病院以上に大きく、看護師不足の問題は慢性的です。看護師の補充が間に合わず、ベッド数を削減するなどかなり深刻な状況をまねいたといっても過言ではありません。一つの病院ごとの求人数は多くありませんが、求人件数はかなりの数であります。また一番数の多い診療所・クリニックでは新卒より経験者を求めるので、余裕をもって探すと条件にあった求人がでてくる可能性が高いでしょう。

おすすめPRサイト

看護師の転職・求人サイトランキング・・・評判や口コミ人気の高い看護師求人サイトのランキング!複数のサイトを利用する方が圧倒的に多いようです。

看護師が活躍できるのは病院だけじゃない

看護師は病院で働いている人が多いかと思いますが、実際に活躍できるのは病院だけなのでしょうか?
いえいえ、そんな事は無くて病院以外にも活躍できる場所があります。
それは、保健所とか介護施設、福祉施設など色々な場所で活躍することが出来るので環境が豊富です。
数多くある中から、自分に合っている職場を選ぶのがベストですがなかなか分かりませんよね・・・そんな時は、色々求人サイトを覗いてみるのがいいですよ。


看護師の求人サイトを複数見てみよう

最近では、看護師の求人サイトが豊富にありますので一か所だけではなくて複数覗いてみることをお勧めします。
中には、そのサイトでしか募集をかけていない所もありますので慎重にチェックしてみて下さい。
そのサイトによって同じところでも募集内容が多少違って来たりしますので、確認するようにしてみて。
なるべく募集広告の多いところを選んだ方が、自分の希望を満たしているところを見つけやすいのではないでしょうか?


ゆっくり決めていこう

看護師の職を探す時はすぐに決めてしまうのではなくて、出来るだけ色々見てから決めるのがいいでしょう。
すぐに決めてしまって、その後にやっぱりこっちにすればよかった・・・という事のないように、しっかり見比べてみて下さい。
迷った時は、その気になっている職場の評判や口コミについて調べてみるのも、いいかもしれないですね。

看護師の転職サイト利用をおすすめする訳とは?

看護師の転職には多くの専用サイトが用意されていますが、一体どうしてこのような転職サイトの利用がおすすめされているのでしょうか。
そこには看護師という特殊な職業だからこそのちゃんとした理由があるのです。
転職サイトは病院側にとっても大きなメリットがあるのでこのように多くの需要があるのです。

看護師転職サイトは双方のニーズを満たしてくれる

多くの転職サイトでは各病院の求人情報が掲載されているので、いちいち病院の公式サイトを見まわる必要なく正確な求人情報を知ることができます。
そのため、転職先を考えている看護師にとってはとても便利なサービスといえます。
また、病院側からしても公式サイトだけに載せていたのでは誰かの目にとまる可能性は低いといえるでしょう。
あなたは休診の日を調べるとき以外に病院のサイトを見たことがありますか?
そのため、病院からしても多くの人から見てもらえるように紹介してもらえるのはとてもありがたいことなのです。

転職後のサポートも手厚いところが安心

看護師転職サイトの中には専属のコンサルタントがついてその後のサポートまで行ってくれるところもあります。
具体的には新しい職場への不満や悩みなどの相談に乗ってくれるだけでなく、病院側との交渉までこのコンサルタントが行ってくれることもあるのです。
しかし、こうしたコンサルタントまでついたのでは無料で利用することが出来ないと思われるかもしれませんが、基本的にコンサルタント料などは紹介した病院が支払うことになっているので本人に負担がいくことはありません。
病院としてもせっかく雇った人が辞めて貰う前に話をしてもらえるのはありがたいこと。なにせ今は圧倒的にナースが不足している時代と言われているので大切な人材として扱われているようですね。

このように看護師の転職には専用のサイトを利用するメリットが多く存在します。
現在の職場に不満を持っている方はぜひ一度こういった転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
あなたに合ったぴったりの新しい職場がきっと見つかるものと思われます。

看護師は次の働き場所をどのようにして決めていけばいいか

今、看護師の転職活動をサポートするサービスはたくさんあります。
つまりそれだけ転職率が高いということです。
この記事を読んでいるというあなたも、そろそろ職場を変えたいとお悩みの方なのでしょう。
しかしどんな基準で転職先を選んだらいいのかや、どんな方法で探せば自分が心地よく働ける場所に出会えるのかなんてわかりませんよね?
職場を探すコツやポイントというものはあるのでしょうか?


看護師は長く働けるかどうかがポイント

1日中付きっ切りで患者の面倒を見る看護師の仕事。
かなりの体力や精神力を使うので、工夫をしないと長く働くことはできません。
しかし実際には、朝までぶっ続けで仕事をさせる病院や、休暇をとりにくくさせているところもあり、看護師の方にかなりの負担を強いているところが多いようです。
そのため、できるだけ長く働けるようなシステムを取り入れているところを選ぶようにしましょう。
たとえば夜勤の仕事はシフト制にしてくれる、子どもがいる人には育児手当や休暇を与えるなど、働きやすい環境を整えてくれているところがおすすめです。
ハードな看護師の仕事を選ぶには、働きやすさが何よりも肝心ですよ。


給料も選ぶ際の重要なポイント

また、いくらもらえるのかも大事にしてほしいポイントです。
看護師が転職をする理由の第一位になっているのは、このお金の問題なのです。
かなりきつい仕事なのに、その分の給料が支払われていないということで、今の職場を辞めたいという人もたくさんいます。
きちんとした対価が払われるところを探し、できれば休暇手当てなどもつけてくれるような病院を探しましょう。
また給料で選ぶ際は、求人広告をよく見ておきましょう。
保険料や病院独自の制度である程度差し引かれることがあるからです。
大事なお金の話ですから、細かい点もしっかりとチェックしておきましょう。

看護師として時間を無駄にしない

時間は有限です。少しでも時間が空いているとしたら何か自分のためになることをするべきです。看護師としての勤務をしている中で、無駄な時間を過ごすべきではありません。少しでも、一分一秒でもより素晴らしい看護師となるための経験と知識を積むことができるように日々勉強を怠らないようにしましょう。
あなたの理想として掲げる看護師像。その姿を頭に夢想しながら、日々の勤務に励みましょう。


看護師としての環境

どの病院、施設で働くことを選ぶのかによって、全然勤務内容、得られる経験は違います。そこで勤務する医者の見られる病気の種類が違いますから、当然治療内容も変わってきますし、接する患者さんの種類も大きく変わってきます。あらかじめどこの病院で勤務するのかは慎重に選ぶことにしましょう。もしこの場所に居ても自分が経験を得ることができないと思った方は別の場所の求人を探してみましょう。


先輩と相談する

わからないことは気軽に先輩に相談してみましょう。経験を積んだ人との会話でその知恵の恩恵を受けることができます。一人で蓄えることのできる知恵なんてたかがしれています。
他人と意見や知恵を交換。書物から知恵を吸収して一人前を目指しましょう。

安定した立場の公務員看護師

雇用が安定していたら形態で悩むことなく看護に集中できます。


<一般病院だけではない看護師勤務>

公務員というと受験資格に年齢制限や公務員試験がつきものですが、看護師にも公務員待遇があります。

すでに国家資格をもっているので一般の公務員試験とは関係なく年齢も経験も制限がなく、県立は公務員、国立は準公務員という立場になります。

看護師資格をもったうえで各市町村の公務員試験に応募する形になり、普通の公務員試験がなく面接のみの場合もあります。


<待遇面はどうなのか>

待遇面に関しては一概に一般病院よりいいとは言えませんが、残業が少なく経営状況にかかわらず安定した給料が魅力の一つです。

給料が安定ということは何年後にはいくらもらえるといった概算も容易といえます。また常にたりない状態なので再就職には有利で公務員ならではの給料体制があります。もちろんそれまでの学歴経験は規則にのっとり反映されます。

給料は通勤や扶養手当もあり、超過勤務手当て(休日出勤手当て、夜勤手当て)などがあります。社会保険の加入もありますが、この場合共済保険に加入もあるのが特徴です。

公務員といえば新卒採用での最初の給料は安いとよく言われますが、安くても段階的にベースアップしていきますし、好不況にとらわれず安定したボーナスや定期昇給があるので、目先の額にとらわれないようにすればいいです。

一般病院と働く場所は違っても同じ医療にたずさわるわけですから、くびになることや途中解雇もなく、それで定年までつとめあげることができるのなら安定した仕事が保証されます。

治験コーディネーターの看護師の求人

看護師の求人の中でも異色なものに治験コーディネーターがあります。
新薬が開発され世の中に出るまでには、治験というプロセスがあります。
ここに携わるのが治験コーディネーターであり、医師、医療機関、製薬会社との間にたって調整やサポートに尽力するのがこの仕事の主な内容です。
そのため看護師の資格が求められることも多く、求人も増加しています。


<治験コーディネーターの仕事>

治験コーディネーターは、看護師の資格がなければできないというものではありません。
しかし治験実施中や治験後などの被験者のチェックは正確性も求められますし、小さな変化も見落とさない注意力も必要です。
看護師はこれが経験で培われていることもあり、治験コーディネーターには向いているとされています。
「資格を持っている」ということで、求人に対しても有利になります。
被験者への説明や同意を得ることも大切な仕事の一つですが、これも医療の現場であれば日常的に行なってきたことです。
専門性が高い治験コーディネーターは、まさに看護師が求められている仕事の一つです。
求人では、SMOからの案件が多く、その場合にはSMOに属して治験の現場に派遣されるという形態になります。

看護師の求人はたくさんの現場が望んでいる

不景気の影響もあってか看護師の不足が言われている中、一般の求人も看護師の仕事を扱うところころも増えてきています。看護師の仕事というのは医療や保険の現場で医師の治療の補助をすることだけでなく、障害のある方の日常生活の補助や疾病などの予防のための維持増進を目的とした教育なども行います。いろんな場面で活躍することのできる仕事ですので、求人の中で業務を担当する現場も細かく分けられていますので病院という一括りではなく、病棟、救急外来、透析室、ICUなど、病院以外でも様々な現場があります。デイケア、入浴介助、人間ドックなどです。どの現場においてもこれから看護師になろうという方にとっては、ちゃんと勉強をして国家資格はとったものの現場での仕事はとても不安に感じると思います。求人を扱う会社によっては現場で実際に働いている方の声やその病院の環境なども紹介されているものもありますので参考にしてみるといいですね。


<なくてはならない仕事>

看護師の仕事は精神的にも肉体的にも辛い業務もあります。ですがその手助けにより日常生活を有意義に送ることが出来ている方もいるのです。これから仕事をする方には不安がいっぱいで、入職後は辛い経験もするかもしれません。ですがこの仕事は絶対に必要とされている仕事なのです。

看護師求人で有利な学歴は?

看護師は専門学校で取ることができますが、現在は看護科を置く大学も増えてきており、大学を出ている看護師も増えています。求人や就職ではどちらが有利なのでしょうか?同じ国家資格ですが、学歴によっては待遇が変わることもあるそうです。


看護師は大卒が有利?

看護師の多くが、専門学校と大学を悩む後輩に、大卒をすすめるそうです。理由として、専門学校では2年間で看護の実習や国家資格に向けての学習をすすめていきます。この基礎的な学習内容は大学の看護科も同じなのですが、卒業論文の量や、卒業までにかけることのできる時間の違いなどもあり、総合病院では大卒のナースを雇用することが多いそうです。また求人でも大卒のほうが給与面での優遇があるケースも多いと言われています。


転職で役立つ資格をほかにも取れる

大学の大きなメリットとして小学校などの保健室の先生になる養護教諭の資格なども目指すことができるという点です。学費面ではやはり大学という面でシビアになることはあるそうですが、就職してからの待遇なども口コミなどで大きく違うという点がやはり大きいようです。また看護師ではない仕事をする場合でも大卒という肩書は役立つことがあるのだそうです。

看護師の求人なら…「看護師の情報ステーション」ではホットな看護師求人情報をお届けします。

看護師の求人が多い理由

広告やインターネットで求人情報を見てみると、看護師の求人は多く全国各地で募集されています。大学を卒業しても就職することができず、アルバイトをしている人が多い中、なぜ看護師の求人はこれほどたくさんあるのでしょうか?


看護師たちの考え方の変化

人の命を預かる看護師の仕事は24時間休むことなく行われ、主に2交替制か3交替制でシフトが組まれています。医学の知識はもちろんのこと、医師の指示による治療や患者さんのお世話、ご家族に対する配慮など仕事内容はとても多く予想以上に体力も使います。とてもハードな看護師の仕事は、結婚や妊娠を期に辞めてしまう人がほとんどでした。男女平等となり働く女性が増えてくると、育児休暇を取り職場復帰をしたり男性の看護師が増えてきたりと、徐々に考え方も変わってきました。


時代の流れにより増加する看護師求人

以前は退職する人が多いため、新たに看護師を募集する病院が多くありましたが、看護師を辞める人が減った現在でも人手不足に悩まされているのはなぜでしょうか?その一つとして高齢化社会が挙げられます。年配の方が増えそれと共に患者さんの数も多くなっています。また、看護師の人達もより条件が良く、より給料の良い病院へと転職する人も増えています。看護師の仕事を辞める人は減りましたが、勤続年数が短いということから、看護師求人の需要は昔も今も変わらず高くなっています。

いつの時代でも必要とされる看護師

看護の仕事は、古くから肉体の苦しみを癒す考えに基づき存在しています。海外では17世紀頃、キリスト教の修道女が病人を集めて世話した事が始まりで、これが看護の原点に成ります。


看護師業の歴史と期待

日本では、明治時代に医制の制度が作られ開業医制が始まりました。そして、その医者の補助としての職業が、看護師の始まりと言われています。最初は男性の仕事でしたが、19世紀末に看護養成所が出来ると看護婦の呼び方が定着し、女性中心の職業と成りました。ところが当時は、看護婦の評価は高くなく、学校等も伸び悩み閉鎖するケースも有りました。その後戦争が始まると、日本赤十字社による看護師の活躍が目まぐるしく、評価が大きく変わりました。この戦争で、命がけで看護に当たり多くの人が亡くなった事は忘れられない現実です。その後、看護職制度が何回かに渡って見直され、昭和23年に保健婦助産婦看護婦法に統合され現在に至っています。そして、男性の就業人口増加も有り看護師に改正され、男女の区別が無くなりました。この様に古い歴史を持ち、常に必要とされ期待され続けている職業です。多くの人が付きたがる職業ですが、まだまだ不足しています。もっともっと就業率を上げる事が、今後の課題と言えます。

男性の看護師求人は何をチェックしたらいい?

女性の職場と考えられがちな看護師という仕事ですが、現在、男性の看護師も増えてきていると言われています。男性の割合はまだ全体の1割に満たない非常に少ない数字ではありますが、男性だけで考えると、看護師の希望者は18パーセントもアップしていると言われています。


男性の看護師求人のポイント

多くの病院では、高齢化などに伴いナースの肉体的な負担が増加していることを受け、看護師求人で男性も受け入れていると言われています。しかし、もともと女性の職場だったということもあり、まだまだ男性を受け入れる体制を整えられない病院が多いのも事実です。しかし、出産や妊娠など仕事を一時的に休まなくてはならないことがない点でも、男性の需要は今後も増えると言われています。


求人では施設などをチェック

男性看護師のもっともつらい部分とも言えるのが、着替えなどの更衣室の準備など、病院が行うスタッフのための施設が間に合わないことです。女性だと更衣室を準備せざるを得ない部分もありますが、男性の場合は、その点も先送りにできてしまう部分がないとは言い切れないようです。パーフェクトな職場は存在しませんが、休憩などがゆっくり取れるかどうかなど、施設もチェックしておきましょう。

看護師求人と必要資格

看護師求人といえば基本的には「看護師」の資格を持った人を対象とした求人ですが、実は他にも「准看護師」や「助産師」、「保健師」や「ケアマネージャー」など様々な資格を持った人が利用します。


看護師と准看護師

看護師と准看護師を比較した時にその差は例えば資格の取得難易度や持っている権限、実際に雇われる時の給料に表れるといいます。まず看護師資格は一般的には専門教育を最低3円は受ける必要があるとされていますが、准看護師の場合2年が最低ボーダーとなっています。また准看護師は看護活動に医者の許可が必要ですが、逆に許可があれば看護師と同様の活動を行なう事ができます。その為看護師より安い給料で看護師と同じ活動が出来る事から看護師求人上では看護師より准看護師を探している病院もあるといいます。


看護師求人の他の資格

また看護師求人は前述の通り助産師や保健師の方の利用もあります。尤も助産師や保健師の求人はその資格単独で募集をかけている所が少なく、看護師資格と併せてこれらの資格をもった人を探しているケースが多いようです。またケアマネージャーは例外的にケアマネージャー資格単独での求人も出ていますが、どちらかというと介護に傾倒した需要が多いようです。

豊富な看護師求人から職場を見つけよう!

情報量NO.1のグーグルで「看護師求人」するとどれくらいのページが引っかかるかご存知ですか?実際に検索してみたところ、なんと約 34,300,000 件もヒットしました。それくらい、今は看護師を求めている現場があり、人手不足とも言われています。それだけ多くの求人があれば、自分が求める条件に合った職場もきっと見つかるはずです!そこで、どのようなキーワードで検索すればいい求人が見つかりやすいのか、各現場の傾向から紹介します!


便利な看護師求人サイト

最近では、看護師で新しい職場を探すときの基本は、インターネット上の看護師求人サイトを活用することとなっています。インターネットの求人サイトは、ハローワークなの、地域密着型の就職支援施設を利用するよりも求人量が多いので、自分の希望に合った求人を見つけやすくなっています。


カテゴリで検索

看護師求人サイトでは、それぞれの条件をカテゴリでまとめて表示しているところが多くあります。そのため、「勤務時間」や「給料」、「勤務地」など、自分の条件に合った物から順に結果を絞っていくことが出来ます。さらに、求人を比較していくことで、同等の仕事量でもより好条件の職場が見つかることもよくあります。看護師求人サイトを上手に活用して、本当に自分のためになる職場を見つけましょう!

看護師求人のこだわり検索

看護師求人を探す上では給与や勤務地、職務内容など何かと見るべき項目やこれだけは譲れないといった項目が多いと思います。しかし案外働いてみるともう少し給料は安くてもいいからこういう職場がいい、地方でもいいからこういう職場は嫌だ、といった不満も出てくるものです。その為特に一度働いた事がある人はこういった誰もが注目する項目以外に実は意外と知られてはいないけど大切な事を大事にします。


看護師求人の拘り所

例えばある人はその職場が2交替制か3交替制かだけは絶対に看護師求人では確認する、と言っていました。2交替制は勤務時間を朝と夜の2つに、3交替制は勤務時間を昼、夜、深夜の3つに一般的には分けるそうですが、一回の勤務時間が短い方が望ましいという方は3交替制を、3交替制の朝→深夜シフトが嫌だという人は2交替制を好むと言われています。また患者さんの命を扱う仕事でもある為未経験者を受け付けているか、ブランクがあっても大丈夫かといった「ちゃんと面倒を見てもらえるのか」に気を付けている方もいるといいます。


女性の多い職場だからこそ

また他の条件だと職場に託児所があるかどうか、産休や育休がちゃんと取れる職場であるかを気にかける方も多いようです。看護師の仕事はまだまだ女性の方が割合の多くを占めている為、看護師求人でもこれらの有無を明確にしている所は多く存在します。