安定した立場の公務員看護師

雇用が安定していたら形態で悩むことなく看護に集中できます。


<一般病院だけではない看護師勤務>

公務員というと受験資格に年齢制限や公務員試験がつきものですが、看護師にも公務員待遇があります。

すでに国家資格をもっているので一般の公務員試験とは関係なく年齢も経験も制限がなく、県立は公務員、国立は準公務員という立場になります。

看護師資格をもったうえで各市町村の公務員試験に応募する形になり、普通の公務員試験がなく面接のみの場合もあります。


<待遇面はどうなのか>

待遇面に関しては一概に一般病院よりいいとは言えませんが、残業が少なく経営状況にかかわらず安定した給料が魅力の一つです。

給料が安定ということは何年後にはいくらもらえるといった概算も容易といえます。また常にたりない状態なので再就職には有利で公務員ならではの給料体制があります。もちろんそれまでの学歴経験は規則にのっとり反映されます。

給料は通勤や扶養手当もあり、超過勤務手当て(休日出勤手当て、夜勤手当て)などがあります。社会保険の加入もありますが、この場合共済保険に加入もあるのが特徴です。

公務員といえば新卒採用での最初の給料は安いとよく言われますが、安くても段階的にベースアップしていきますし、好不況にとらわれず安定したボーナスや定期昇給があるので、目先の額にとらわれないようにすればいいです。

一般病院と働く場所は違っても同じ医療にたずさわるわけですから、くびになることや途中解雇もなく、それで定年までつとめあげることができるのなら安定した仕事が保証されます。