看護師の求人状況

慢性的な看護師不足が続いている中で、需要はさらに増えていくといわれているのが看護師の求人状況です。出産・子育てをきっかけにいったん離職した後でも復職しやすい売り手市場ですので、転職先は慎重に検討したいですね。

大規模病院の求人状況

2006年の診療報酬改定により実施された「7対1入院基本料」によりベッド数を多く持つ規模の大きな病院にとって、看護師の確保は大きな課題となっています。基準に満たさないと病院の経営に大きく支障がでるため、大規模病院では常時、求人を行っている状況です。4月は求人募集が特に多く、新卒募集だけではなく転職採用もかなり多くでます。ボーナス支給後に離職するというケースが多いため、ボーナス後に人手不足に陥るというのが現状のようです。

中小規模の病院の求人状況

中小規模の病院にとって「7対1入院基本料」による影響は大規模病院以上に大きく、看護師不足の問題は慢性的です。看護師の補充が間に合わず、ベッド数を削減するなどかなり深刻な状況をまねいたといっても過言ではありません。一つの病院ごとの求人数は多くありませんが、求人件数はかなりの数であります。また一番数の多い診療所・クリニックでは新卒より経験者を求めるので、余裕をもって探すと条件にあった求人がでてくる可能性が高いでしょう。

おすすめPRサイト

看護師の転職・求人サイトランキング・・・評判や口コミ人気の高い看護師求人サイトのランキング!複数のサイトを利用する方が圧倒的に多いようです。