看護師求人で有利な学歴は?

看護師は専門学校で取ることができますが、現在は看護科を置く大学も増えてきており、大学を出ている看護師も増えています。求人や就職ではどちらが有利なのでしょうか?同じ国家資格ですが、学歴によっては待遇が変わることもあるそうです。


看護師は大卒が有利?

看護師の多くが、専門学校と大学を悩む後輩に、大卒をすすめるそうです。理由として、専門学校では2年間で看護の実習や国家資格に向けての学習をすすめていきます。この基礎的な学習内容は大学の看護科も同じなのですが、卒業論文の量や、卒業までにかけることのできる時間の違いなどもあり、総合病院では大卒のナースを雇用することが多いそうです。また求人でも大卒のほうが給与面での優遇があるケースも多いと言われています。


転職で役立つ資格をほかにも取れる

大学の大きなメリットとして小学校などの保健室の先生になる養護教諭の資格なども目指すことができるという点です。学費面ではやはり大学という面でシビアになることはあるそうですが、就職してからの待遇なども口コミなどで大きく違うという点がやはり大きいようです。また看護師ではない仕事をする場合でも大卒という肩書は役立つことがあるのだそうです。

看護師の求人なら…「看護師の情報ステーション」ではホットな看護師求人情報をお届けします。

看護師の求人が多い理由

広告やインターネットで求人情報を見てみると、看護師の求人は多く全国各地で募集されています。大学を卒業しても就職することができず、アルバイトをしている人が多い中、なぜ看護師の求人はこれほどたくさんあるのでしょうか?


看護師たちの考え方の変化

人の命を預かる看護師の仕事は24時間休むことなく行われ、主に2交替制か3交替制でシフトが組まれています。医学の知識はもちろんのこと、医師の指示による治療や患者さんのお世話、ご家族に対する配慮など仕事内容はとても多く予想以上に体力も使います。とてもハードな看護師の仕事は、結婚や妊娠を期に辞めてしまう人がほとんどでした。男女平等となり働く女性が増えてくると、育児休暇を取り職場復帰をしたり男性の看護師が増えてきたりと、徐々に考え方も変わってきました。


時代の流れにより増加する看護師求人

以前は退職する人が多いため、新たに看護師を募集する病院が多くありましたが、看護師を辞める人が減った現在でも人手不足に悩まされているのはなぜでしょうか?その一つとして高齢化社会が挙げられます。年配の方が増えそれと共に患者さんの数も多くなっています。また、看護師の人達もより条件が良く、より給料の良い病院へと転職する人も増えています。看護師の仕事を辞める人は減りましたが、勤続年数が短いということから、看護師求人の需要は昔も今も変わらず高くなっています。