治験コーディネーターの看護師の求人

看護師の求人の中でも異色なものに治験コーディネーターがあります。
新薬が開発され世の中に出るまでには、治験というプロセスがあります。
ここに携わるのが治験コーディネーターであり、医師、医療機関、製薬会社との間にたって調整やサポートに尽力するのがこの仕事の主な内容です。
そのため看護師の資格が求められることも多く、求人も増加しています。


<治験コーディネーターの仕事>

治験コーディネーターは、看護師の資格がなければできないというものではありません。
しかし治験実施中や治験後などの被験者のチェックは正確性も求められますし、小さな変化も見落とさない注意力も必要です。
看護師はこれが経験で培われていることもあり、治験コーディネーターには向いているとされています。
「資格を持っている」ということで、求人に対しても有利になります。
被験者への説明や同意を得ることも大切な仕事の一つですが、これも医療の現場であれば日常的に行なってきたことです。
専門性が高い治験コーディネーターは、まさに看護師が求められている仕事の一つです。
求人では、SMOからの案件が多く、その場合にはSMOに属して治験の現場に派遣されるという形態になります。